通信の安全を守るSSL

インターネットを使うことはデータの送受信をすることです。閲覧するWebサイトや入力した情報などは送受信の際にはデータ化され、Webブラウザなどで変換することで様々な情報を表示・表現しています。もちろん送受信するデータの中には個人情報が含まれる場合もあるためセキュリティ面も考慮しなければなりません。そういった重要なデータを安全に送受信するために生まれたのが「SSL」と呼ばれる通信技術です。

SSLを理解しよう

tyjtyd
SSLはデータの暗号化とその暗号を解くための鍵をさらに暗号化する、という仕組みで守られています。
まず暗号化するための南京錠(公開鍵)を送信先からもらいます。この南京錠で次に使う鍵(共通鍵)に鍵を掛けて(暗号化)して送ります。受け取ったサーバーはしまっておいた鍵(秘密鍵)で南京錠(公開鍵)を開けて、鍵(共通鍵)を受け取ります。この鍵(共通鍵)を使ってデータのやりとりをするのです。

公開鍵と秘密鍵

公開鍵と秘密鍵は解読困難な暗号方式です。ただし複雑な分、サーバー側も解読に時間が掛かるため共通鍵の受け渡しにしか使われず、データの暗号化は共通鍵を使って行われます。
現在では広く普及しているSSLですが、これはあくまで通信途中での盗聴や改竄などを防ぐことしかできません。サーバー側や自分がウィルスなどに感染している場合は情報漏洩の可能性があります。あくまでも通信を守るための技術であることを覚えておきましょう。
SSLを導入すれば、サイトのセキュリティを手軽に強化することができます。個人のブログではあまりメリットが無いかもしれませんが、会員制サイトを構築する場合やネットショップではその恩恵を大きく受けることが可能です。逆にこれらのサイトを作りたい場合、必然的にセキュリティの強化が必要になります。このため、SSLは必須と考えておいたほうが良いでしょう。SSLの導入を前提にサイトを作っていくようにしないと、後で変更が面倒になるかもしれません。
SSLは種類が一つだけではないのが特徴です。サーバーのSSLサービスなどを見ていると、何種類もあって価格が大きく違う点に気がつくかと思います。実はSSLは証明書の種類によって価格が異なり、安いと年数千円台、高いと7~8万を超えるケースもあります。どれだけ維持費を捻出できるかにもよりますが、高いほうが良いと考えてしまうかもしれません。逆に安いSSLに不安を覚えるかと思います。
SSLの乗り換えをお考えの方、こちらなら→【https://www.toritonssl.com/】SSLの乗り換え可能です。
でも、本当に安いと不安なのでしょうか?結論としては、高くても良いというわけではありません。SSLは証明書の種類などによって価格が違いますが、安いからダメではなく、安くてもサイトの規模や構成によっては十分選ぶ価値があります。小規模の会員制サイトで、年数万円の維持費を捻出するのが難しい場合もあるでしょう。そのような場合には高いSSLの証明書を取得するのではなく、あえて安いものを選ぶという方法もおすすめです。

新着情報

◆2016/10/05
通信の安全を守るSSLの情報を更新しました。
◆2016/10/05
サイトマップの情報を更新しました。
◆2015/03/20
なんで運営者情報を知る必要があるのを新規投稿しました。
◆2015/03/19
どの種類のSSLが良いの?を新規投稿しました。
◆2015/03/18
どうしてSSLが必要なの?を新規投稿しました。